収入が不安定な職業の審査通過率を上げるには!?

一般的に自営業やフリーランスで働く人の収入は、正社員の給料と違って波があることがあります。そんな人達は、キャッシングするにも「大丈夫かな?審査に通過しなかったらどうしよう」といった不安があるに違いありません。このような人達でも審査の通過率をアップさせるための手段は存在します。

 

一番手っ取り早く確実なのは、行っている業務を会社として法人化してしまう方法です。更に、その運営形態は株式会社が好ましいと考えましょう。また、既にキャッシングしてしまっている人は、先に返済を進めることやいくつかの業者から借りている場合には1本化するのもいいですね。後に挙げた2つの方法は一般的な人にも有効な手段です。

 

事業者向けローンって知っていますか? 総量規制対象外の枠で借りることもOK!

自営業やフリーランスの人は、お金を借りる際に不利なことばかりではありません。一案として、事業者向けローンという制度があるからです。誰もが総量規制を厳守しなければなりませんが、この場合の業者向けローンを併用すれば、年収の1/3以上の借入が可能になるのです。

 

自由な使い方ができる事業者向けローン

まず思い込みから訂正しておきましょう。事業者向けと命名されているローンですから、あくまでも仕事を行う上で使うべきお金と考えてしまうかもしれません。実際は、この使い道は自由度が高く、何に使っても良いとされています。業者の規則を例に見てみましょう。例えば、アコムではビジネスローンとして「利用用途は自由とする」としています。またプロミスでも「事業費及び生活費用」と明確に記載されています。即ち、この両業者に限って言えば、借りたお金は何に使っても差支えが無いということになっているのです。

 

資金の使い道を限定した消費者金融では規則を守って!

その他の業者はどうなっているのでしょうか。同じく大手消費金融業者であるアイフルでは、ビジネスローンの場合には事業用としての使用と限定しています。このようなルールを基に借りた場合には、使い方に注意を要します。使い方を吟味して後で業者を選定しないと、困ったことになってしまう場合もあると覚えておきましょう。

 

そもそも、自営業やフリーランスの人はどうして審査に通りにくいのでしょうか

思い当たる理由としては、「収入が不安定になりやすいから」ですね。でもこれだけではありません。このような仕事を持っている人の特徴として、収入を低い時に合わせて申告するからなのです。これは必要経費を事業費用として申告し、結果的に個人所得を低くコントロールするということ。つまり、所得税をできるだけ払わないようにする為の方策なのです。その為、自営業やフリーランスの人達の収入は、世間が思うよりもずっと高いこともあるようです。

 

そのコントロール故に収入を低く申告している=カードローン審査の場面では首を絞めてしまうことに繋がっています。だからといって、個人所得を多くすればいいというものではありません。税金の支払い額が大きくなってしまいますから。キャッシングをしたいがために税金を多く納めるなんて、本末転倒な気がします。この辺りの匙加減が必要ですね。

 

法人化の何が審査通過率アップのポイント?

カードローンで用いられる信用審査というのは、世間一般の信用評価とそう違いはありません。したがって、職業を聞かれて自営業やフリーランスと答えるよりも、「会社代表です」のほうが、通りがいいわけです。「じゃあ、法人化にしなきゃ損だ」とばかりに急いでも、実際は3週間ほどの時間と7~25万円程度の諸経費がかかってしまいます。だからこそ、きちんと会社形態を築き、会社を運営している人の評価は高いものとなり、結果的にキャッシング審査も通りやすくなるといった流れになるのです。

 

会社名義の借入があると審査を難しくするかもしれません

でも、その会社名義で既に借入があるならば、反対に審査の足を引っ張ってしまうでしょう。もしも銀行からの借入が何千万にもなるならば、そのことが審査に有利になることはありえません。これは日本社会において、「会社の借入は代表者の借入」という法律が存在するからです。この規模の借入は非常にリスクが大きいと判断され、ましてキャッシングを希望しているとなれば「要注意」と判断されてしまいます。どんなに社会に貢献している会社であっても、残念ながら審査に好影響を及ぼすことはありません。業者が好むのは、リスク無くして貸すこと。既に会社の為に借入を行っているならば、個人的なキャッシングは諦めなくてはならないかもしれないと覚悟しましょう。

 

長年続く会社ならば、審査評価を引き上る要素あり

二人の個人事業主がいたとします。そして、収入も同じ。もしも一方が会社を長く続けているならば、その人のほうが審査での評価は確実にアップします。長い経営は安定と評されるからです。この評価ポイントは正社員の勤続年数に値します。住宅査定であれば、居住年数ですね。継続に関する評価は、どのような分野でも高評価を獲得するようです。このような事実は、起業したばかりの人には厳しい現実かもしれません。これは借入に限ったことではなく、その商いを行う業界でも同じことでしょう。この時点ではきっぱりと諦めて、コツコツと信頼を築くことに専念したほうが賢明です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日