スコアリングはキャッシングの中核になる存在である

キャッシング審査においては「スコアリングシステム」が用いられています。このスコアは個人の信用情報や年収・勤続年数といった項目において、点数化したものとなっています。

 

この項目において何をスコアリングにするかということについては、各社で違ってきますが、共通点は同じなので、消費者金融で低スコアになってしまった人は、他業者でも低めのスコアになることが多いのです。

 

基準

スコアリングの基準についてですが、基準によっては一瞬で落とされることもあります。つまり、初めて審査するときに個人が提示してきた情報が金融業者の一定ラインに行っていないということから、すぐに審査落ちしてしまうこともあるのです。これが「足切り」というシステムですが、現在は審査自体は最初、コンピュータで行っているため、自動化しているのが現状です。これはどの業者でも行っていますし、銀行でももちろん行っています。

 

足切りになる基準のスコア

ブラックリストに載ったら、落ちる確率は高くなります。ブラックリストというものは現実に存在しませんが、過去に債務整理を行っていたり、クレジットカードを強制解約されていたりすると、ブラックリストに載ります。具体的にブラックリストというのは、重大な事故情報のことで、信用情報機関にそのことが記録されている状態を指します。ですから、そういった情報があると審査に落ちてしまうというのは当然のことです。カード会社からすると「危ないお客様」と認識されてしまうからです。

 

ブラックリストが原因で審査落ちするケースは多い

こうしたリストに載った段階で、スコアはかなり低い点数になっていると言わざるを得ません。そうなると足切りの確率は上がります。審査に申し込んだのに、早い段階で審査落ちしてしまったという体験談を見ることもありますが、これはスコアが低いために自動で足切されてしまったということなのです。

 

すぐに通る場合

逆に、すぐ審査に通る場合もあります。これはクレジットスコアの点数が高いので、審査に通るという場合です。点数の評価は業者や銀行ごとに異なりますが、下記条件のようなものは、かなりの確率で審査に通ります。

 

  • 年収が多い
  • 勤続年数が長い
  • 職業が安定している(正社員や公務員)
  • これまでの借入件数や総額が0円
  • これまで借りていたお金を必ず毎月延滞せずに返済している

 

こういった条件が揃うと、スコアの点数も高くなります。最後の項目について説明します。

 

借金をした人の方がクレジットスコアは高くなる

これは逆の見方になるのですが、キャッシング業界では借金をした人というのはクレジットスコアが高くなります。借金とはつまり「実績」です。キャッシング会社からすれば、自社のサービスを毎月使ってくれて利子を払っている人というのは、大切なお客様になるので、信用度は高くて当たり前です。

 

しかも、毎月遅れずに返済してくれていて、たまにお金を借りて利子を払ってくれるというのですから、この条件でクレジットスコアが低くなるわけはないのです。また、こうした方に対しては、クレジット会社から進んで枠増額のお願いが来る場合が多いです。

 

クレジットスコアは借金をすればするほど多くなり、返済を滞り無く行えば行うほど高くなっていきます。クレジットスコアは信用度がそのまま点数になっていると考えてよいものですので、借金して延滞した人と比べれば、信用度は桁違いです。逆に借金をしまくったはいいものの、延滞をくり返している人などはクレジットスコアは低くなり、信用もなくなっていきます。

 

クレジットスコアを上げる方法とは

クレジットスコアは自力で上げていくことができます。クレジットヒストリーと呼ぶことができるものですが、審査の甘いクレジットカードへ申し込み、そのカードを使う頻度を高くしていきます。どんどん使うわけです。そうして毎月、絶対に延滞しないで返済していくのです。これをくり返すことによって実績が積み重なっていきますので、クレジットスコアはどんどん高くなっていきます。

 

審査が甘いクレジットカード

いわゆる「ハウスカード」と呼ばれるものです。「特定の会社のサービスにしか使えない」カードということになります。「エポスカード」はマルイでしか使えませんし、「コスモ・ザ・カード・ハウス」はコスモ石油でしか使えません。特定の会社でしか使えないカードなので審査も甘く、破産の心配も少ないため審査が甘いとされています。

 

アコムACマスターカード

アコムのACマスターカードは他のクレジットカードと比較しても審査は優しくなっています。このカードはハウスカードと違い、マスターカードのブランドがついています。結果、このカードをどんどん使っていけば実績を積み重ねることにもなりますし、スコアの点数もどんどん高くなっていくのです。このACマスターカードを使ってクレヒスを上げた後、さらにブランド力のついたカードに申し込むと通りやすくなるということがありますので、自分のクレジットスコアを高めながら、よりグレードの高いカードを持ちたいと思っている方は、挑戦してみてください。「千里の道も一歩から」ということわざがあるようい、クレジットスコアも一日にしてならずなのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日