家族に内緒で即日キャッシング

不測の事態が発生してしまい、予定外にキャッシングを利用しなければならない状況になってしまうケースは決して珍しくありません。キャッシングなら手軽に必要なお金を借りることが出来る為、急遽お金が必要になった時でも安心です。

 

しかし、キャッシングの利用を家族に知られてしまうと困るという方も多いでしょう。家族にバレずにキャッシングを利用するには、いくつかのポイントがあるのです。

 

ローンカードは自動契約機で受け取ろう

消費者金融のキャッシングを契約すると、借入用のローンカードが発行されます。ローンカードがあればATMから手軽に借り入れが出来るようになり便利ですが、このカードが家族バレの原因になる場合があるのです。

 

ローンカードの郵送は家族バレの危険を伴う

消費者金融の多くは、キャッシングの契約が完了するとローンカードを利用者の自宅に郵送してくれるサービスを行っています。自宅でカードを受け取ることが出来る便利なサービスとなっていますが、家族と同居している場合、郵送されてきたローンカードが原因でキャッシングの利用がバレてしまう恐れがあります。

 

キャッシング会社からの他の郵送物をなくしてもらっても、ローンカードが郵送されてきてしまうと意味がありません。家族バレを避けるなら、ローンカードも郵送以外の方法で受け取るようにしましょう。

 

自動契約機で受け取れば安心

ローンカードを郵送以外の方法で受け取るなら、自動契約機の利用がお勧めです。自動契約機では申し込みや契約手続きの他、ローンカードの発行も行っているのです。自動契約機は無人でキャッシングの各種手続きが行える便利な機械です。

 

ローンカードの発行もその場で行っており、ここでカードを受け取れば自宅に郵送してもらう必要がなくなります。郵送物をなくせば家族バレの危険性は大幅に低下します。あと注意しなければならないのは、返済遅延の場合の督促の電話くらいでしょう。

 

督促の電話でバレる可能性は?

一般的なイメージでは、返済が遅れてしまうと自宅にたくさんの督促電話がかかってくると思われているかもしれません。しかし消費者金融でこうした督促を行うことはありません。利用者個人の携帯電話が連絡先として登録されていれば、まずはそこに電話がかかってくるのです。

 

督促電話の内容も、決してテレビドラマ等で見かけるようなものではありません。オペレーターが事務的に督促を行っており、いつなら返済できるのかを確認してくれます。ここできちんと返済予定日を答えておけば、それ以上督促の電話がかかってくることはなくなります。約束の日を過ぎてもきちんと返済しないままでいると、再び督促電話がかかってきてしまいます。これも基本的には携帯電話にかかってくるので、きちんと対応しておきましょう。

 

何度も返済期日を破り続けていると、最終的に自宅に督促の電話がかかってきてしまう恐れがあります。また、場合によっては督促状が郵送されてくる可能性もあります。しかし通常の利用の範囲できちんと返済をしている方なら、最初のローンカードの郵送さえ避けることが出来れば家族バレの危険性は非常に低いのです。

 

銀行カードローンの方が家族バレの危険が高い

消費者金融のキャッシングなら、自動契約機の利用で家族バレのリスクを回避しやすくなります。しかし、銀行カードローンには自動契約機が用意されていない場合が多く、ローンカードの郵送を避けることが難しいのです。

 

銀行から消費者への郵送物は、あまり珍しくないと言えるでしょう。しかしその中身がローンカードとなると話は別です。自宅へのローンカードの郵送によって家族にバレる可能性は高く、家族バレを避けたい場合には銀行カードローンはあまり理想的ではないかもしれません。

 

銀行によっては自動契約機が備わっている場合もある

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行なら、消費者金融のような自動契約機が用意されています。契約機を使えばその場でローンカードを発行してもらえるので、自宅への郵便物で家族にキャッシング利用がバレる心配はなくなります。

 

ローンカードの郵送はどうして危険なの?

ローンカードの郵送によってキャッシングの利用が家族にバレてしまう最大の原因は、郵便物の形態です。ダイレクトメール等の普通郵便が届くだけなら、家族もそれほど気に留めることはありません。しかしローンカードは本人限定郵便で送られて来る為、どうしても不自然になってしまうのです。

 

金融機関から本人限定郵便が送られてくるケースはそれほど多くありません。しかし、皆無というわけでもありません。例えばキャッシュカードもやはり本人限定郵便で郵送されて来るので、銀行カードローンを契約してローンカードを郵送してもらう場合は、キャッシュカードを新しく発行し直して貰った等の言い訳を用意しておくと良いかもしれません。

 

消費者金融の場合はカードの受け取り方法に注意をし、銀行カードローンの場合は上手な言い訳を用意して、家族にバレないように上手にキャッシングを利用してみてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日