場合によっては収入証明書が不要なことも

キャッシングを行う際、収入証明書が必要になる場合とそうでない場合があります。これはどの金融機関を利用するか、どのくらいの借り入れを行うかによって変わってくるのですが、まずは収入証明書が不要になる条件についてお話ししたいと思います。

 

一般的に消費者金融を利用する場合は、50万円までの借り入れなら収入証明書が不要

アコム、アイフル、プロミスなどの大手の消費者金融では、50万円までの借り入れであれば収入証明書が必要ありません。しかし必ず不要というわけではなく、審査の際にちょっとした懸念事項があったりすると収入証明書の提示を求められることがありますが、基本的には不要と考えて頂いて構いません。

 

50万円までの借り入れであれば収入証明書が不要な理由

これは賃金業法という法律でそのように定められているためです。正確には、「50万円以上の貸し付けを行う場合は、顧客の収入証明書の提示を必須とする」と決められています。50万円を超える大きい金額の貸し付けを行う場合は、返済能力を見定めるためにも収入証明書の提示を求めてそれを推し量る必要がありますが、50万円以下の貸し付けであればそれほど返済能力が高くなくとも返済できる可能性は高いですし、全員分の収入証明書を確認していくとなるとそれだけ手間もかかってしまうため、現状では50万円以下の貸し付けであれば多くの業者が収入証明書は不要、としています。

 

銀行カードローンを利用する場合は、100〜300万円までの借り入れなら収入証明書が不要

銀行カードローンを利用する場合は、消費者金融を利用する場合と比べて更に限度額が高くなります。これは消費者金融とは違って、銀行系の金融機関には先程の賃金業法という法律が適用されないためです。

 

 

100万円で収入証明書が必要となる銀行

100万円で収入証明書が必要になる銀行として、主に三菱東京UFJ銀行、新生銀行カードローンレイクなどが挙げられます。

 

200万円で収入証明書が必要となる銀行

200万円で収入証明書が必要になるのは、大手だとみずほ銀行のみです。

 

300万円で収入証明書が必要となる銀行

オリックス銀行、イオン銀行、三井住友銀行、東京スター銀行など、殆どの大手の銀行では収入証明書が無くとも300万円まで借りることができます。「収入証明書無しでも300万円まで借りることができるなんて逆に不安だ・・・」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、年齢・職業・勤務先などの情報だけでもある程度の年収は想定できますし、収入証明書が必要な敷居を下げればそれだけ確認の手間やコストも省くことができるので、銀行側にも利が出てくるのです。他の大手の銀行が300万円まで許可しているからという競争意義的な側面もありますが、いずれにせよ収入証明書が不要になるというのは大きなメリットですね。

 

しかし、以上の条件を満たしていても収入証明書が必要になる場合がある

ここまで、大手の消費者金融を利用する場合は50万円まで、銀行カードローンを利用する場合は100〜300万円までなら収入証明書は原則不要であるということをお話ししましたが、実は例外もあります。

 

自営業の方の場合

自営業の人は借り入れ金額がたとえ少額であったとしても、収入証明書の提示を求められることが多いです。理由は自営業の方の収入は安定しない傾向が強いためです。サラリーマンやアルバイトの場合は安定した収入を得ているため希望額が小さければ収入証明書が無くとも借り入れを行うことができますが、自営業の方の場合は安定性に不安があるため収入証明書を提出して返済能力を示していく必要が出てきます。

 

消費者金融を利用していて、かつ複数社からの借り入れ総額が100万円を超える場合

例えば、消費者金融Aと消費者金融Bから合わせて70万円を借りているとします。この状態から消費者金融Cから40万円借りようとすると、借り入れ総額が110万円となってしまい100万円を超えてしまうため、この場合は収入証明書が必要になってしまいます。このように、借りている合計金額が100万円を超えてしまうと収入証明書が必要になってしまうのでご注意ください。ちなみに銀行カードローンを利用する場合はこの条件を気にする必要がありません。理由は先程も少し述べたとおり、銀行は賃金業法の規制対象外だからです。

 

専業主婦がお金を借りたい場合

収入が無い人が金融機関からお金を借りることは基本できませんが、専業主婦の場合は例外として夫の年収の1/3までなら借りることのできる「配偶者貸付」という制度が存在します。

 

配偶者貸付を利用する際、基本的には夫の収入証明書は不要

基本的には夫の収入証明書は不要ですが、金額が大きくなると収入証明書の提示を求められることがあります。また、配偶者貸付を利用する場合は夫の同意書が必要となり、夫に内緒でお金を借りるといったようなことはできませんのでご注意ください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日