キャッシング審査で通過可能な年齢は20代から60代が基本

カードローン審査にクリアしてキャッシングを行いたい場合には、何歳でも利用出来るというわけではなく年齢制限があります。一般的には20歳以上の現役世代が使えるようになっており、65歳までの年金受給に入る直前辺りまでが利用出来るようになっているものです。

 

銀行カードローンでは成人以上65歳まで、消費者金融の場合は成人以上69歳までという所が多く、業者によってばらつきがありますが大手は69歳までを中心に設定しています。あくまで基準であり、プランネルようにように「75歳まで」キャッシング可能というカードローンもありますから、業者の特徴をチェックしてから申し込みを行うと良いです。

 

大手消費者金融の年齢制限は成人以上69歳まで

消費者金融により年齢制限は違う部分もありますが、プロミスを始めとした有名大手消費者金融では「69歳まで」という形で統一されており、モビットの場合は「65歳」の設定になっています。

 

審査が銀行よりも柔軟な消費者金融ですが、20歳に満たない未成年の方や、70歳以上の高齢者に関してはキャッシングが出来ないようになっており、レイクのように70歳までOKという業者もありますが、銀行系カードローンであるレイクが大手で一番長い設定です。

 

モビットだけ年齢制限が早いのは何故か?

消費者金融ではモビットの年齢制限が69歳までではなく65歳と早いのは、モビットがWEB完結申込のようにネット経由での利便性を追求した若者向けの業者である事が関係しています。実店舗も専用ATMも無いという特徴があり、高齢者の方はこうしたネット経由のみで利用出来るものを敬遠する傾向があり、モビット自体も最初から高齢者をターゲット設定していない印象です。

 

スマホアプリのオマケ等も充実していて遊び心があるサイト作りであり、モビットは在籍確認無しで審査に応じてくれたり、郵送物も無くバレずにキャッシング可能な業者と言えます。プライバシー重視でネットで高速で取引可能な業者になっており、若者向け要素が強いからこそ、年齢制限も若くなっています。

 

モビット


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短30分 なし

 

年齢制限に厳しい銀行カードローンは65歳まで借り入れ可能

銀行カードローンは消費者金融よりも審査が慎重で厳しく、低金利で融資枠が広いですが年齢制限の締め切りが早くて65歳までとなり、65歳以下と65歳未満の設定は銀行次第で違いますが、65歳という設定制限です。

 

制限が60歳までと早い楽天銀行スーパーローン

楽天スーパーローンは例外的に年齢上限制限が低くて60歳までとなっており、若者ターゲットのサービス展開を行っている業者ですから、60歳以上の利用者と縁が無いという事が理由として挙がります。楽天銀行自体もネットビジネス利用者が主体で使っており、楽天市場等のサービスは高齢者でも使う方は多いですが、楽天銀行利用者で高齢者の方は稀です。

 

高齢者は社会的に信用が高いメガバンクや地域密着の地方銀行を使っている方が多く、オンラインバンキングを活用する場合でも昔からある銀行のものを利用しますから、楽天銀行スーパーローンは60歳以上をターゲットにする必要が無いと言えるでしょう。

 

70歳まで借り入れ可能なじぶん銀行

65歳までが主体の銀行カードローンの中で70歳まで借り入れ可能な業者にじぶん銀行があります。これはレイクと同様の基準になっており、じぶん銀行がここまで上限年齢が高くなっている理由にはauとの関係があるものです。

 

三菱東京UFJ銀行とauによって共同設立された銀行がじぶん銀行であり、auユーザー優遇の側面があります。高齢者の方でも携帯電話所持している方は多く、au店舗にそうした方が訪れる時にじぶん銀行カードローンの宣伝をする場合には、70歳以上でも申し込み可能にした方が顧客獲得に結び付きます。そうした事情からも70歳まで借り入れ可能に設定されているものです。

 

プランネルは75歳まで借り入れ可能

中小金融業者のプランネルは「フリーローン100」というカードローンプランを提供しており、限度額100万円までなら75歳まで融資OKという設定であり、年齢上限の最高値になります。

 

プランネル「フリーローン100」の金利設定とは?

75歳までという高年齢に融資となれば、寿命の関係からも貸し倒れリスクがあるものであり、貸し倒れリスクがあれば高金利になる事は当然です。ところが金利は大手消費者金融と同水準で「実質年率18%」として利用可能です。100万円の場合は上限金利設定に基づいて15%でも借り入れが可能になっており、通常の消費者金融利用と同水準で75歳まで借りれるのは大きな利点と言えます。

 

借金時や返済時にATM利用が出来ないという利便性の低さがありますから、非常に不便ではあります。利便性の低い業者では返済がスムーズに行かずに長期借入になる傾向がありますから、あまりオススメ出来ない点もあり、いずれにしても高齢者は借金を行う時にはリスクがあり、家族に迷惑が掛からない形で返済計画を練っておく事が必要です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日